■■■

K.T様(枚方市)60代 女性

1.来院前はどのようなことでお困りでしたか?
左の腰から足首あたりの痛み
肩こりなど

2.施術を受けて、あなたの状態はどのように変化しましたか?またその感想を教えてください。
足の痛みも受ける前は座る事が苦痛だったのが緩和され痛みも徐々によくなっている。
いろんな事の説明も分かりやすく納得できてよかったです。

3.当院の施術はどのような方に勧めたいですか?
いろいろな痛みをもつ人などに
ただ、自宅近辺より遠い(車に乗らない人)というのが…


いつもご利用ありがとうございます。
お尻から下肢の痛みが強く座っていられない状態でお越しいただきました。
整形外科で坐骨神経痛と診断を受け、物理療法、整体治療など色々な方法を試され困り果てておられる時期でした。

検査分析の結果、歩行や立っている時に坐骨神経痛の出ている側の脚を後ろに伸ばす癖が強くなっておられました。
脚を後ろに伸ばす癖が強くなると坐骨神経を圧迫し易くなります。
また、厳しい夏の暑さや台風による急激な気圧変化の影響で横隔膜の機能が低下し腹腔内圧の偏りが強くなっていました。
腹腔内圧の偏りは体幹の偏りを生みます。
これらの影響を受け、痛みが引きにくくなっておられたようです。
以上のことを踏まえ、下肢の癖、腹腔の偏りを整える施術を行い、お腹を冷やさない養生法を心がけていただきました。

週1回の施術6回目で症状は落ち着き安心しました。
足元が冷える労働環境、非常に責任感が強い方で日常的に肩が緊張されている事も今回の要因の一つになっていると思われます。
現在は定期的にメンテナンスに通っていただき、肩がこり過ぎないようケアさせていただいています。

院長 大久保