■■■

松井山手の大久保接骨院です。

「健康保険は使えますか?」というお問合せを多くいただいています。接骨院での健康保険の取り扱いについて解説します。

 

1.健康保険が使えるケース

接骨院では、ケガをしたときの治療に健康保険が適用されます。

打撲・捻挫・骨折・脱臼など急性のケガを負われた場合は、保険証を提出し一部負担金をお支払いいただくことで、施術を受けていただくことができます。

※骨折・脱臼の施術は、応急処置を除き医師の同意が必要です。

 

 

2.健康保険が使えないケース

病気による痛みやしびれ、慢性的なコリや痛みの施術に健康保険は使えません。藍色の症状でお困り方にはトータルバランンスケアをおススメしています。

肩こり・慢性腰痛筋肉疲労

●慢性神経痛・リウマチ・五十肩・変形性関節炎・椎間板ヘルニア

●脳疾患後遺症(片麻痺など)

●過去の交通事故等による後遺症

受傷後期間経過し慢性化している痛みや痺れ

●他の医療機関に通院中のケガ

●医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急処置を除く)

●仕事中や通勤途上におきたケガ (労働災害・通勤災害の対象となります)

3.健康保険を使う場合に注意すべきポイント

初回、月初めには保険証を持参してください

接骨院では、保険証の提出によって健康保険の資格を毎月確認しています。保険証の種別、記載内容に変更があった場合は速やかにお知らせください。

 領収書を毎回必ず受け取り保管してください

領収証は、医療費控除を受ける際にも必要になりますので大事に保管してください。

施術内容書を保管してください

柔道整復療養費の適正な制度運用に資するため、施術最終回に負傷原因、施術年月日、施術内容などを記載した施術内容書を発行しています。領収証と合わせて保管をお願いします。

 

4.接骨院で健康保険が取り扱われる仕組み

接骨院で取り扱う健康保険による治療費用を「療養費」といいます。

療養費は、患者様が治療費用の全額(10割)を接骨院に支払った後、患者様ご自身で治療費用を保険者に請求し支給を受ける「償還払い」が原則です。

しかし、「償還払い」は患者様の負担が大きいため、病院と同様に一部負担金を窓口で支払い、残りの治療費用は接骨院が患者様から委任を受け保険者に請求する「受領委任制度」が一般的です。この「受領委任制度」の適用を受けるには、療養費支給申請書の委任欄に署名をいただき、患者様の保険請求権を接骨院に委任していただく必要があります。